冷間鍛造とは金属素材を室温で成型するプロセスです。 具体的には金属素材が金型に圧縮され、完成された部分は金型の形に収まります。 冷間鍛造は熱間鍛造、鋳造、及び機械加工に比べより多くの利点を持っています。

冷間鍛造品の利点:

  1. 素材の節約 – 冷間鍛造品は塑性によって変形や加工強化させるので鋳造や機械加工よりコスト削減できます。素材の節約は大量生産において重大で、高価な素材が必要であれば更に重要となります。

  2. 室温での成型 – 温度による膨張や収縮に関係なく製品を成型できるので冷間鍛造品は表面仕上げと寸法精度が優れてます。

  3. 優れた寸法精度 – 最新の鍛造技術によってJISクラス3-4精度製品の開発が可能です。機械加工を必要としません。

  4. 高生産率 – 冷間鍛造品の開発サイクルはとても短いです。大量の鍛造品が早く生産できます。

  5. 金型の寿命 – 冷間鍛造に用いられる金型の寿命は非常に長いです。一般的に金型はとても高価な素材でできています。冷間鍛造プロセスに使われる金型はめったなことでは入れ替える必要がないので、コスト削減につながります。

  6. 機械的性質の改善 – 熱間鍛造と違い、冷間鍛造品の材料が外郭に沿って塑性変形するので機械的性質が改善されます。

  7. 不純物を抑える – どの製造プロセスと比べても冷間鍛造プロセスのほうがより不純物を抑えることが可能です。

冷間鍛造における製造プロセスは熱間鍛造や湿間鍛造より著しく多くの物理的な力を必要とします。もっと重量で強力な鍛造プレス機械類が必要です。Li-Hsingの製造施設は最新の機械類で設備されています。 私たちの冷間鍛造プレスは250トンから1200トンの圧力で加工します。