鍛造製品の設計・開発

Li-Hsing 研究・開発室では鍛造製品の小規模から中規模量産に使われる金型を開発しています。製品のスペックに基づいたあつらえの金型を開発することで、優れた寸法精度を持つ鍛造製品ができあがります。多くの場合、私たちの製品は機械加工やポストプロセスの必要性を軽減します。先進鍛造技術を用いて、私たちはJISクラス3-4精度製品の開発が実現できます。

工業過程及び製品管理手順

Li-Hsingでは工業過程及び製品管理手順を用いて鍛造製品の効率的で有効な開発サイクルを保障いたします。私たちは製品の品質プラン、製品部分の認証プロセス、不良モードとエフェクト解析、及び統計プロセス管理を利用します。

  1. 製品の品質プラン (APQP) – 製造業界での新しいものづくりの開発における手順や技術のフレームワーム。

  2. 製品部分の認証プロセス (PPAP) – 部品製造業者とその製造プロセスに自信を確立させるためのサプライチェーン方法。

  3. 不良モードとエフェクト解析 (FMEA) – 信頼性に関わる問題解析を開発サイクルの早めに行うことで問題点に容易に打ち勝ち、デザインを通して信頼性をあげる方法。

  4. 統計プロセス管理 (SPC) – 制御図表を用いてプロセスを監視する方法。

金型の設計・開発

Li-Hsing 研究・開発室ではお客様に金型を設計及び開発いたします。私たちのエンジニアは正確にお客様のスペックに沿った金型を開発することができます。私たちのエンジニアは金属形態及び熱処理プロセス解析を正確に行い、大量生産に適切な金型を保証し、お客様のご要望に沿うことを保障します。