技術

Li-Hsingは鍛造製品の小規模から中規模量産に特化しています。お客様のスペックに沿った設計及び開発を行います。私たちは主に冷間鍛造を用いて製造しています。冷間鍛造で優れた仕上がりと正確な寸法、そして材質コストの削減が実現できます。私たちは近代冶金プロセスで優れた金属性質を製造しつつ、金型を冷間鍛造中の劣化から防ぎます。

鍛造製品の設計・開発

私たちはお客様のために産業基準に沿ったソフトウェアを用いて金型の設計及び開発に取り組んでいます。設計ソフトウェアを使って、私たちのエンジニアたちはお客様のスペックに正確にマッチした金型を生産します。そして、私たちのエンジニアたちはストレス解析ソフトウェアを用いて金型の量産ができるよう金属細工及び熱処理の厳密な解析を行います。私たちのエンジニアはお客様の要望が叶う事を保障いたします。

続きを読む...

冷間鍛造

冷間鍛造とは金属素材を室温で成型するプロセスです。冷間鍛造は温度による膨張や収縮に関係なく製品を成型できるのでは熱間鍛造より重要な利点を持っています。製品を冷間鍛造で製造することで素材節約と高い生産率が実現できます。

続きを読む...

焼なまし・焼ならし

冷間鍛造プレスで素材が成型された後に望ましくない残留応力が素材に生じるかもしれません。焼なましは内部の応力を除去し、可塑性を引き起こし、機械的性質を向上させるための熱処理です。

続きを読む...

表面処理

金型の寿命を保護し、鍛造品の寸法精度を確保する為、冷間鍛造プレスの前に素材は表面処置の過程を通ります。

続きを読む...